haru日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 仕事の効率的(社会に貢献できる)な  進め方  初級〜プロ級

<<   作成日時 : 2015/10/29 06:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

仕事の効率的(社会に貢献できる)な  進め方  初級〜プロ級


初級
1 業務分担を明確にし、境目を互いにオーバーラップし補完し合う。たらい回しにするな。
2 " (夢)→ターゲット(目標)→実行(実施)→推進状況チェック→実施目標の変更(PDCAサイクル)。スパイラルアップ(ブラッシュアップ)する。
"
3 真面目に、一生懸命に努力すれば、夢は達成される。(夢は実現する。)
4 5W1Hを明確にし推進する。(QCストーリーに従って、業務を進める。)
5 現場、現実、現物の三現主義の徹底。(責任者は、現場を良く見て知ることが大切で、基本である。)
6 Q(品質)第一、CS(顧客満足度)第一、CP(コンプライアンス)第一
7 約束を守る。
8 忙しい(多忙)は、言い訳に過ぎない。心が滅びるの意味、時間管理の努力不足である。
9 物事(自然界)には、ルールがある。ルールを遵守することが大切、悪いルールは変える。〔決められたことを決めた通り(ルール通り)に実行。〕
10 後工程、前行程はお客様。(気配り、根気良く)
11 基本的な事(例えば、挨拶....)を、全員がさりげなく出来る雰囲気を作る。
12 人、物、金、情報、を常に最も効率の良い様に(重点指向で)配分するように工夫する。
13 ベクトルを合わせろ。(逆方向のことをして邪魔するな!足を引っ張るな!)
14 "状況が悪いときは、危機脱出の良いチャンス。(良い時が危ないと心得よ。)
危機管理の徹底(危機感の共有)"
15 3無(ムリ、ムラ、ムダ)の削減で効率アップを。
16 モラル、モラールを尊重し向上せよ。

中級
1 人生は一度きり(時間は限られている)、後で悔いの無い様に、一生懸命やれば目標は、達成される。
精一杯努力すれば、奇跡が起きて念願がかなう。
2 日々新。(問題点は何か、改善する方法が無いか。)創造性を持つこと。
3 紺屋の白袴になるな!(IT戦略からの暗号、セキュリテイ問題の不徹底、Winnyでの個人PCからの個人情報漏れの、粉飾決算等の悪例・・・・・)
4 一芸に秀でよ、自分の担当業務では誰にも負けない自負が持てるよう努力せよ。
5 自己改革(5%の金と10%の時間を投入せよ。)
6 決断は、早く、何時までに、どの様な状態をどのようにして→30分以内に。
7 常にメモを取ること。
8 言わなくて実行しない人最低、言って実行しない人次に駄目、言って実行する人理想の人。(有言実行。)
9 担当は主任、主任は、課長・・・・・・・・ひとつ上のレベルの仕事をこなすよう努力せよ。
10 提案は複数(最低3件)を準備し、上司に選択の余地を持たせること。
11 実る程、頭を垂れる稲穂かな。(天狗になってはいけない。)
12 誠意を持って相手に通じれば仕事は巧く行く。(例、クレーマーに対する対応の 仕方)
13 根回しを事前にして置く。(関係者特にキーマンと情報の調整を図れ)
14 教育(特にOJTが大切)部下の育成、後継者の育成。権限の委譲。(委譲したことの責任は上司が取る。)


上級
1 憂いを持った批判。(知らん顔より言って上げる方が、親切。)
2 継続は、強さなり。(速さは力なり。)
3 重点志向で問題解決せよ。(重大なもの、急ぐもの、ウエイトの大きいもの、影響の大きいもの・・・・を優先して実施。)
4 速さは力なり(一般的には、速さは強さなり)。
5 歴史は繰り返される。歴史に学べ。繰り返し、手を替え、品を替え対応が肝要、PDCAの手法を活用。
6 改善(改革)とは、1/3、1/2の成果がないと改善(改革)とは言えない。
7 旗振り役をかって出て、リーダーシップを発揮せよ。
8 相手の目線に合った報告、伝達を。
9 部下を誉める、又失敗したら叱る、飴とムチの使い分けを。
10 必要な情報は、自ら採りに行け、重要な情報は、水平展開(良い所の真似)せよ。関連する情報は多く入手せよ。
11 巧く行かない時は、細かく層別する。(分ける事により、対応策が見えてくる。)
12 世の中には、2,2,6の大原則があるから、2割の見方を作る努力をせよ!
13 議論や批判も大いに結構、但し結論(方向付け)を決め実行に移す。


プロ級


1 人間の作った物(例えば、PC等)の問題点は、意思があれば必ず見つけることが出来る。
2 井の中の蛙にならないようにし、他社、競争相手の情報を常に入手せよ。
3 一生涯学習、先生になり教えると自分の勉強になる。旨く出来たときには、誉めてやる気を起こさせる。
4 業務の標準化、マニュアル化、品質論文、リポート等が書けるような業務の推進を。
5 過去からの遺産の継承と捨てる(改革、リストラクチュアリング)ことを考える。発想の転換、ブレーンストーミング。
6 システムを構築する時には、過去のデータとのリンク、操作性の事前検証(実際使用するユーザの要望の聴取・・・・)に配慮すること。
7 他社より、一歩が無理ならば、半歩でも先んぜよ。
8 事象、物事は、データに基づいて分析し、データにより改善等の提案をせよ。
9 自分が苦労し得た有益な情報は、必要な人に情報展開する。情報を共有財産にする。
 
 

クリック投票へのご協力を宜しくお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
企業での仕事のやり方のノウハウ 初級からプロ級(再掲載)
企業での仕事のやり方のノウハウ 初級からプロ級(再掲載) ...続きを見る
haru日記
2017/03/21 13:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
仕事の効率的(社会に貢献できる)な  進め方  初級〜プロ級 haru日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる