人生のルール

人生のルール

何事も最後は、自分が責任を持つ
人に迷惑をかけない
精一杯努力する
決めたことを決めた通りに実施、但し気を抜いてリラックス、ストレスを溜めない
人の為に、社会の為に
健康第一
人生は金ではない、死ぬ時にプラスマイナス0になる
山あり谷あり
我思うゆえに我あり(哲学者デカルト)
一芸に秀でた人は、常識も当然持つこと
精神の安定が体の健康を保つ
躁うつ病(精神病)にならないこと
恋は他人から奪うもの
愛は育てるもの
仕事上の自分と、真の自分は違う
No1   掲載済み
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
感情を切り離せば、落ち込まない
サムシンググレート=神=天井の人々=計り知れない大きな力
いくら勉強しても最後に分かったこと、いかにに分らんかということだ
命を賭けて物事にあたる
遺伝子のスイッチがOFFからONになる
偶然の出会い
不思議な出会い(縁)
自分の為にだけでなく、何か(誰か)の為に
ギブからテイクが生じる
何々の為にと思ってやることが本当に何々の為になっているのか疑問
ガンバリズム、他人との比較は良くない
自己コントロールが大切
冷淡自治
仕事も、修行も遊びが必要
ルールは必要だが、しばり過ぎるのも良くない
子供時代の遊び心を大切に
自分の心が、ワクワクすることを思うがままに、やってみる
いい縁、いい出会いが良い方向に向く
長生きしたい、病気を治したいと思うのが多くの人の願望と一致するが、
長生きすることが世の中全体で問題ないのか疑問
世の中、経済原理主義で何事も動いているが、見直しも必要
遺伝子の開化は、環境に左右される
ガンの発生遺伝子と抑制の遺伝子
生きることに前向きな精神力は、ガンを抑制する遺伝子がオンになる
遺伝子の解明は、暗号の解明が終わり、何がかかわっているかを読み取る段階にある
病気は本当にわるいことか
いつまでも長生きすることが幸せになることか
病気は、人生をより深く広く知るきっかけ、人の援助や生きていることの有難さを認識できる
病気を治すことによってのプラス効果
もしも人間が死ななくなると世の中がおかしくなる
心の力は、人体にも機械にも影響を与える
遺伝子は、環境によって有利不利が入れ替わる
NO2
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
種智
1即1節
蓮華
山川草木惣皆(しっかい)成仏
ゆらぎ
不動の精神
何が何でもやりとげる
命とは何か、自分とは何か、なぜ生きているのか、人生の意味はなにか
DNA→RNA→アミノ酸→タンパク質
人と人の間に起こっていること→すべての人間がDNAという同じ御本尊をもっていることが
関係し、同一の思い、感動などを持つ
世界は、縁によって結ばれる
インテリジェント・デザイン
分かる気がしない→空(無)
分かることができない→空(無)
永遠にわからない部分は、やはりあるのではないのか

山あり谷あり
愛を持つ
アポートシス(自死)
自殺的な細胞死
再生細胞死
プログラム細胞死
3000億個の細胞(数日から数か月)
アポビオーシス(非再生系)
ネクローシス(遺伝支配されない細胞)
60兆200種類に及ぶ細胞
P53遺伝子
bc12遺伝子
ガンの治療法としては、手術以外に化学療法、放射線療法、温熱療法、→アポートシスを起こすように仕向ける
50~60回の遺伝子コピーによる再生が限度
テロメアが寿命の決定(TTAGGG)
受精卵は、2倍4倍8倍と分裂して行く段階近辺で、生きるか、死ぬかを決定する
性があるところに、死がある
生命の永遠の伝達の為に、性による1/2分裂(減数分裂)の生殖細胞の混合によって、環境に対応できる生命への転換する

性による生の連続性の為に、死がなければならない
150億年前のビッグバンから46億年500万年前15万年前と大イベントがあり生命の連続性がある
遺伝子は、利他的な存在(利他的とは、自らよりも他が利するようになる行動)
21Cは、死生観(生命観)の見直しの時代
遺伝子百代過客
生物者一代道(揆?)
宇宙「全」の中での「個」
生→在→滅
不明なことは、百科事典→インターネットの百科事典 Wikipedia(ウイキペディア)の利用
下記 urlです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8
全てが絶対無に回帰しそこに又、無から有が生まれてくる大循環がある
アイデンテテイ
文化、芸術、思想
カオスからコスモス
遺伝子の自利は、その自死的な利他性によって生まれる
遺伝子によるゲノムの消去→自己放棄は、実は遺伝子自身を救うことにある
自可律(自らリス゜ムを生む)
無可律(無が有を作る)
死→無→魂
一期一会
有限を如何に生きるか
生命探究→どのように生きるか→何故生きるのか
森羅万象(しんらばんしょう、宇宙に存在するありとあらゆる事象)→死によって生のあり方が問われることになる
死→無に還る
死は、常に生の前提として超えるべきものである



----------------------------------------------




















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック