東日本大震災の復興についての心構え(一考察、提言)

東日本大震災の復興についての心構え(一考察、提言)
画像


日本が大震災の被害にあっての今後の復興について

1.他人の事と思わず自分の事として考える。
  (関東中部、3プレート上の直下型地震の発生に対しての事前準備、心構えを怠らない。

2.自分が出来ることを、小さい事少しでも良いから実行する
  (被災者に寄り添い、お互いに励まし合って元気を与え、もらう)

3.危機管理の徹底的な見直しで、大災害(自然災害、人災、事故・・・・)時に生き延びる準備をしておく。





4.神戸・淡路大震災の復興には、10年以上かかりました。
  今回の大震災の復興にも10年、20年かかると予想されます。
  従って今後もを長期に亘っての義援、支援継続をして行く必要があります。

5.自然の”力”を再認識し科学の力への過信をやめ、予知能力。危機管理能力のより一層の向上を図る。







6.!!!!!一丸復興、絆(家族、社会、国、世界・・・・)をスローガンに各自地道な行動を!!!!!

画像



画像




スローガンのharu7の色紙
参照箇所、ここをクリック


画像



ポイントを義援金へのお勧め
参照箇所、ここをクリック





クリック投票へのご協力を宜しくお願いします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック