プロ級の仕事の進め方

プロ級の仕事の進め方

人間が作った物の問題点は、意志があれば必ず見つけることが出来る
井の中の蛙になら無いようにし、他社、競争相手の情報を常に入手せよ
一生涯学習、先生となり、教えると自分の勉強になる、旨く出来た時には、
褒めてやる気を起こさせる
業務の標準化、マニュアル化、品質論文、リポートが書けるような業務の推進をせよ
過去からの悪い遺産を捨てることを考える(改革、リストラクチュアリング)
発想の転換、ブレーンストーミングにより斬新なアイデアを生み出す
システムを構築する時には、過去のデータとのリンク、操作性の事前検証
(実際使用するユーザーの要望の聴取・・・・・・に配慮する)
他社より一歩が無理なら半歩でも先んぜよ
事象、物事は、データに基づいて分析し、データにより改善等の提案をせよ
自分が苦労し得た有益な情報は、必要な人に情報展開し、情報を共有財産にする





"プロ級の仕事の進め方" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。