第48回東急百貨店将棋まつりに参加しました。

第48回東急百貨店将棋まつりに参加しました。

アルバムを作成しました。

参照箇所、ここをクリック


プロ10分、挑戦者15分の3面指しの指導将棋を受けました。
マスダ奨励会3段との指導将棋で、平手でブロに挑戦はめったに無いので、
当然平手で先手で指させてもらいました。

先手76歩に対し、後手奨励会3段、34歩で無く、86歩となり、3間飛車から右穴熊から4間飛車の振り直しから、先手の理想的な戦型が組め中盤の別れは、5分であったが、
61角打ち後の95角成りが甘く、52角成りとし、と金を活用して攻めれば勝機があった様で、穴熊をじっくり左辺から攻められねばりにねばったが、穴熊を詰まされてしまった。(奨励会3段も同様な見解でした。)

隣には、アマ6段の方と同時に指していたが、奨励会の方が時間切れで、負けていました。(勝負は互角のように見えましたが)

他の対戦は、後手番が3局で先手からの即詰みが無いと読んで実際は、入玉狙いで勝ちを必死の筋を遺した手で先手からの即詰みがあり惜敗、その地の1局は、後手振り飛車高美濃の金頭を銀飛車で攻められ防御出来ず一方的に敗退、最後の対局は、先手番で得意3手め角交換から45角に対し、84角から飛車、角交換となり、先手の角2枚、後手飛車2枚の超力戦となり、暑さに体調が付いていけず(年寄の言い訳)惜敗した。

懸賞詰将棋は、間駒問題でその場での解答がすぐに出来なかったが家で検討した結果11手詰めでした。


画像



画像



画像




画像



画像



画像



画像



画像



小倉 久史七段の詰将棋  11手詰です。(間駒の問題です。)
画像



解答
● 1三飛  ○1ニ角  ● 同飛成 ○同玉  ●2ニ飛 ○1三玉    
● 3五角  ○ 同桂 ● 2一飛成  ○3一金 ● 2五桂迄の11手詰め
  
小倉 久史七段の詰将棋  11手詰です。



   


クリック投票へのご協力を宜しくお願いします。

 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック